目次・シリーズ三柱鳥居『古代キリスト教の痕跡? 三柱鳥居の謎を解く』

 


 

WEBマガジン神秘之國、日本

シリーズ三柱鳥居

『古代キリスト教の痕跡? 三柱鳥居の謎を解く』

 

目 次

◉6月30日◉
第六章 結論!三柱鳥居の正体(最終回)

◉6月10日◉*無料
第五章 賀茂氏と海部氏の共通の神

◉5月20日◉    
第四章 八幡神とは何か?

◉5月10日◉
第三章 天照国照彦火明饒速日命

◉4月20日◉
第二章 岐阜県の三柱鳥居の怪 

◉4月10日◉*無料
第一章 三柱鳥居は古代キリスト教の痕跡か?

 

 

 京都太秦・蚕の社の神池に建つ、謎の三柱鳥居。最近、この鳥居の形態を模した鳥居が何箇所かに出来たが、もともとここの三柱鳥居が唯一のものであった、と当神社の由緒書きに記される。
 景教の世界的権威・佐伯好郎博士は、この三本の柱で出来た鳥居は、原始キリスト教の一派、ネストリウス派(中国では景教と呼ばれた)の痕跡ではないかと論じた。
 いわゆる日ユ同祖論の物証として、歴史好事家の中ではこの説を支持する人も多い。
 しかし、本当にそうなのか?
 筆者の元に寄せられた、もう一つの「三柱鳥居」の存在と比較し、あらゆる角度から考察し、ある結論に至る。
 隠秘学(オカルト)研究家ならではの、中山市朗の研究成果である。

 


◉WEBマガジンのお申し込み・会員特典へ

 

◉各・最新号・バックナンバーへ

◉古代史・オカルト系コンテンツのページへ