中山市朗・神秘之古代史


☆最新情報(3/20)

◉中山市朗・古代史座談会・終了しました!⇒>イベント報告へ!
◉サルでも解る「オカルト大辞典」⇒「地縛霊」動画・解説の更新。
◉月刊ムー三上丈晴編集長より、古代史座談会にエールをいただきました!⇒こちらへ。
◉サルでも解る「オカルト大辞典」⇒「アレイスター・クロウリー」動画・解説の更新。
◉月刊ムー・三上丈晴編集長にインタビューをしました! ⇒こちらへ。
◉世界不思議紀行15、終演しました。⇒ イベント報告記録へ!

○世界不思議紀行15、楽屋インタビュー③! ⇒ ①〜②はこちらへ。
『月刊ムー・三上丈晴編集長』


神秘之古代史とは

日本の古代史は、謎と神秘に覆われています。
そこには、文献批評主義の歴史学だけでは解けえない古代の姿があります。
古代の人々は神々とともに生き、畏怖し、その知恵を得ようとしました。
神々とは目に見えない超自然的な力の存在であり、それはシンボリックな形として残されました。それが、祭場や神社の配置や向けられた方向性、そこで行われた祭事や儀式であり、神と人が交信した痕跡の再現、つまり神話であったりするわけです。これらは昇華して芸能や芸術を生みましたが、これらの中からシンボリックな形状や暗号化されたメッセージを読み取ることで、その奥義 を解読する。これも古代史の謎を解く重要なファクトです。
その謎解きは歴史学の仕事ではなく、隠秘学、つまりはオカルト学の仕事だと思うのです。
もちろんここに、客観的な事象や物証、文献とのすり合わせから、証明する必要があります。
オカルトは、日本ではまやかし、禍々しいものと思われがちですが、本来は、普通には見えない神々の知恵、奥義、つまりは『隠されたもの』『ヴェールに覆われたもの』の意であり、西洋では、宗教学のカテゴリーに入る学問でもあるわけです。
歴史学だけでは解けえない、日本の古代の姿を、皆様に提示し、ともに考察していきたいというのが、中山市朗「神秘之古代史」の意図するものなのです。


サルでも解る「オカルト大辞典」

動画時間25秒で、オカルト用語をどこまで語れるのか?
語り切れなかった分も含めて、文章で改めて用語解説。まとめて辞典にします。


古代史・オカルト系イベント

怪談語りの中山市朗とは違う一面が見られる、古代史・オカルト系イベントの紹介。
神秘学、神道、道教、陰陽道、預言、秘密結社、聖書、妖怪、そしてUFO……、


中山市朗・動画『隠された古代史を語る』

古代史、オカルトに関する解説、神社、遺跡等へのロケ、映像作品のメイキングなど。


近日、公開予定!

新しく配信する、古代史系コンテンツです。近日、告知させていただきます!


中山市朗 古代史系・出版

中山市朗の古代史本の紹介。


中山市朗・神秘之古代史TOPへ