作品リスト(書籍)

新刊『怪談狩り〜黒いバス〜』⇒8月24日発売!

KADOKAWAより発売中!
8・24新刊『怪談狩り〜黒いバス〜』発売!

    

新刊、『怪談狩り〜黒いバス〜』でます!よろしくお願いします!
詳細は、またブログで。いつもありがとうございます!!

ご予約Amazon          楽 天

★中山市朗ブログ
中山市朗、7月8月の怪スケジュール!!
『怪談狩り 黒いバス』他、『怪談狩り』シリーズの素敵なカバーイラスト集!!

 

『怪と幽』vol.007

KADOKAWAより発売中!
『怪と幽』vol.007

    

中山市朗も執筆をさせていただきました!KADOKAWAより発売です!
よろしくお願いします!

★中山市朗ブログ「いろいろ新作のご案内 ムック本とかCDとか。

 ⇒Amazon           ⇒楽  天

 

『怪談狩り 〜あの子はだあれ?〜』

『怪談狩り』の最新刊!
今回のテーマは、「幽霊が出ない怪談集」
何をして幽霊か。解釈によっては「これは幽霊じゃん」という話もありますが、あえて、幽霊話と言うのは、除外しました。よって、これ、なんじゃろ?と「正体がわからん怪異」とか「狐狸妖怪の類」そして「祟り神」といったものを集めてみました。
しかしその分、新しい話のパターンとか、こんなことあるんや、みたいな新鮮な怪異に出会うこと請け合います!

「新耳袋」シリーズの中山市朗が蒐集する極上の恐怖 !

Amazon      ⇒楽  天

 

★怪談狩りシリーズ
中山市朗が蒐集した、日常に潜む怪異の数々が収録された実話系怪談本。
場所や季節に関わらず、怪異は常にあなたの側に。

 

新耳01 新耳02 新耳03 新耳04 新耳05 新耳06   

 

★中山市朗の古代史・オカルト本
中山市朗が研究を続ける、日本古代史の謎を読み解く書籍。
聖徳太子、フリーメイソン、モーツァルト……教科書には載らない古代史がここに。
※『捜聖記』は絶版です。

 

        

 

単  著

 

妖怪現る  なまなり文庫  四天王寺 ムー対談 表紙

怪談狩り01 怪談狩り02 怪談狩り03    

       

 

新刊・電子書籍『怪異実聞録 なまなりさん』
 原作・中山市朗/作画・千之ナイフ  ⇒発売中!

内容紹介
これは、二日間にわたって語られた採録である――。
祟りは存在するのだろうか ?
『新耳袋』中山市朗の新境地。 『新耳袋』完結後、中山市朗が蒐集した壮大な長編怪異体験談。
二日間にわたって語られた、“なまなりさん”を巡る怨念や祟り。
祟りとは本当に存在するのだろうか?
目の前で起こる信じがたい事実……。全編を体験者が語る、怪談文芸の新境地。
作画・千之ナイフ先生が漫画版⇒今回リイド社さんによって、電子書籍としてリニューアル。
モノクロだった原稿も色彩化。Amazonページ

        

中山市朗 vs 千之ナイフ『なまなり』トーク!
 神保町で、対談イベントを開催しました! 
中山市朗ブログ 

 

★怪談専門誌『幽』
中山市朗の最新怪談が『怪談狩り』として掲載されていました。

※その他書籍や出版物、メディア情報などは、『作品リスト』をご覧ください。     

 

共著(木原浩勝との共著)
※一部絶版の物があります。kindleなどでも購入できますので、宜しくお願いします。

 新耳00

新耳01 新耳02 新耳03 新耳04 新耳05 新耳06 新耳07 新耳08 新耳09 新耳10

捜聖

 

共著(京極夏彦・東雅夫・木原浩勝)

怪談の怪 怪談の学校

 

怪談オムニバス

怪談実話系 怪談実話系02 怪談実話03 怪談実話04 怪談 黄泉

 

特別編集・コレクション編

『怖い日曜日』
『怖い日曜日・赤い使者編』
『新耳袋コレクション・恩田陸・編』
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
1999/8/10
2000/7/16
2006/7/7

 

ノベライズ

『怪談新耳袋・ノブヒロさん』加藤淳也・著 (メディアファクトリー) 2006/6/23

 

こども怪談シリーズ

『しんみみぶくろ 妖怪モノノケBOX』
『しんみみぶくろ 幽霊屋敷ノート』
『しんみみぶくろ 狐と狸のバケ合戦』
『しんみみぶくろ 心霊写真アルバム』
『しんみみぶくろ 幽霊学級』
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
2007/7/25
2007/7/25
2007/11/29
2007/11/29
2008/7/4

 

こども怪談シリーズ

学校怪談01 学校怪談02 学校怪談03

 

コミック原作

『コミック新耳袋』
『コミック新耳袋 2001』
『コミック新耳袋 2002』
『コミック新耳袋 実話が怖い 2003』
『コミック新耳袋 2004初夏』
『コミック新耳袋 2004盛夏』
『コミック新耳袋 2004冬』
『コミック新耳袋 2005初夏』
『コミック新耳袋 2005盛夏』
『コミック新耳袋 2007』
『闇に棲む音』9
『エレベーターの闇』
『ある夏の日の…』
『来訪者』
『面影』
『家』
『ミミの怪談』 漫画・伊藤潤二
『実話怪談新耳袋・さびしそうな犬』
『安い家』 漫画・ささやななえこ
怪異実聞録なまなりさん
『怪談百物語 新耳袋 第一夜』
『怪談百物語 新耳袋 第二夜』
『怪談百物語 新耳袋 第三夜』
『コミック特盛 新耳袋 夏号』
『コミック特盛 新耳袋 秋号』
『コミック特盛 春号 新耳袋アトモス』
『コミック特盛 秋号 新耳袋アトモス』
『コミック特盛 冬号 新耳袋アトモス』
『コミック特盛秋号 新耳袋アトモス』
『コミック特盛冬号 新耳袋アトモス』
(ダ・ヴィンチ8月号増刊)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー・MF文庫)
(メディアファクトリー・MF文庫)
(メディアファクトリー・MF文庫)
(メディアファクトリー・MF文庫)
(メディアファクトリー・MF文庫)
(メディアファクトリー・MF文庫)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(メディアファクトリー)
(MFコミックス コミックファクトリーシリーズ)
(集英社・ホームコミックス)
(集英社・ホームコミックス)
(集英社・ホームコミックス)
(集英社・ホームコミックス)
(集英社・ホームコミックス)
(集英社・ホームコミックス)
(集英社・ホームコミックス)
(集英社・ホームコミックス)
(集英社・ホームコミックス)
(集英社・ホームコミックス)
2000/8/17
2001/8017
2002/8/17
2003/8/17
2004/7/29
2004/9/30
2004/3/27
2005/7/24
2005/9/23
2007/8/17
2001/7/19
2002/7/19
2003/6/19
2004/7/19
2005/7/19
2006/7/19
2003/3/31
2007/7/19
2007/9/30
2009/8/31
2013/7/24
2013/7/24
2014/4/23
2013/7/17
2013/10/17
2014/4/17
2014/12/17
2014/10/17

 

※『新耳袋』は親本、コミックともに台湾、韓国などで翻訳されています。