作劇塾

saku

作劇塾は、作家・中山市朗が塾頭を務める、作家、シナリオ作家養成のための私塾です。

〇理念
9年間の専門学校での講師経験を活かし、大型専門学校には出来ない細かい指導と、業界直結を実践しています。
プロの作家になるには、免許も資格も必要ありません。ですから、本来は、こういう学校、教室を出る必要も無いわけです。
一人でただ書いて、投稿を続ければいいわけです。ただし、それでデビューできる保障はありませんが……。
ただ、私が大勢の作家志望者を見て思うのは、孤独になって永年書いていると袋小路に入って書けなくなる。才能はあるのに遠回りしている、と言いことが多い。
そして、みなさん、デビューを目指しているのですが、本当に難しいのはその後、プロとして書き続けること。
デビューしても一作で終わる人は実に多いのです。これはもったいない!
そうならないためには、デビューを目指して書きながらも、アイディアの源泉たる膨大な知識のインプットをし、仕事として原稿を書くスキル、仕事をもらうプロデュース能力なども養う必要があります。
作劇塾では、中山市朗の体験に基づき、各々の力量を見ながら、みなさんが目的地へ到着するための道案内をする場所です。
目的地へ歩むのはあくまで皆さんです。そのためのガイドが私。
共に学び、共にお仕事ができれば、私の義務は達成するかな、と。

〇募集対象
小説家、ライター、シナリオライター、放送作家。

〇開講日
毎週金曜日 PM 19:00~21:00 その後は希望者はオールナイトで飲み会もあります。個々の相談、質問も承ります。

〇授業内容
作品は家で書いてください。塾ではその原稿を元に合評をいたします。プロでいえば、赤修正です。
プロの原稿には必ず編集部から赤修正が入ります。アマチュアの原稿とのいちばんの違いはここです。
読者目線にたって、どうすればより面白い、よりいい原稿になるのかを、シナリオの場合は、加えて予算や企画に合わせながら、修正を重ねながらスキルを磨きます。
合評は第2金曜日、第4金曜日の隔週で行っています。

また、作品を創作するにあたっては、膨大な知識をインプットし、それをどうアウトプットするかが重要です。
合評はアウトプット作業ですが、インプットするための講義を第一、第三金曜日の隔週に行っています。
政治、経済、歴史、時事問題、オカルト、宗教、科学、文学、映画、芸能、文化、業界裏話、新情報などあらゆることがテーマになります。
それをどう受け止め、活かすかは、あなたしだい。作家に必要の無い知識なんてありませんから。

シナリオ作家、放送作家志望者は、スキルが伴えば、オフィスイチロウでの活動の場も与えます。

入塾費 10000円(初回のみ)
受講料 月額10000円

募集日 常時(個々に対応しますので、いつ入塾されても大丈夫です)

教室:大阪市中央区南船場1-8-13 1402

問い合わせ:info@officeichirou.com

塾生ブログ
【塾生】かなた
【塾生】東野明
【塾生】中野衿子
【塾生】甲斐田美穂
【塾生】坂本流
【塾生】船生蟹江
【塾生】西ナウマン

HP
すぎやま
BOM
青谷圭

作家の学校